今日からできるの!女性の加齢臭対策3つのポイント

今日からできるの!女性の加齢臭対策3つのポイント

 

今日からできる!女性の加齢臭対策3つのポイントを紹介します。

 

女性にも加齢臭はある

 

加齢臭は男性のイメージがあります、女性も個人差はあるものの30代くらいになると加齢臭が感じられるようになります。加齢臭が起こる原因は、女性ホルモンの減少です。

 

女性は閉経する年齢になる前から、女性ホルモンの減少が始まります。女性ホルモンのピークは20代で、後半から減少し始め35歳頃からは減少が加速していきます。

 

若いうちは、女性ホルモンの影響で皮脂分泌を抑えることができます。しかし、女性ホルモンが減ってくると男性ホルモンが活発になってきて皮脂分泌量も増えてしまいます。皮脂分泌量の増加で皮脂量が増えると、加齢臭を強めることになります。

 

食事を見直して加齢臭対策

 

加齢臭を強めてしまう食品があります。摂り過ぎに注意することで加齢臭対策ができます。

 

 

脂肪酸の原料となる肉類や脂質が多いマヨネーズやバター、揚げ物やてんぷらなどの脂っこい食べ物です。お弁当や外食が多く、偏った食事をしていると加齢臭がが強まる可能性が高くなります。

 

そのため、抗酸化力が強い食べ物を積極的に取り入れることで、体の内側から臭いを抑えていきます。魚やビタミンC、ポリフェノールは、皮脂の酸化を防ぎます。ほうれん草やジャガイモ、キウイフルーツ、イチゴなど身近な食品で体質を変えていきます。

 

有酸素運動をして加齢臭対策

 

運動によって中性脂肪を減らすと、加齢臭を抑えることができます。中性脂肪には有酸素運動が効果的です。

 

日頃から、ウォーキングやジョギング、ヨガなど好きなことで適度に体を動かします。運動は、ストレス解消にもつながります。活性酸素の予防にもなり、健康的な生活を送ることができますます。

 

身体を清潔にし保湿で加齢臭対策

 

身体をしっかり洗い流すことで、臭い対策を行います。お風呂に入った時は、加齢臭が発生しやすい場所は丁寧に洗うようにします。

 

加齢臭が発生しやすい場所は、脇の下や首筋などです。汗がたまりやすい場所には、臭いも残りがちです。石けんやボディソープを使って洗浄した後は、好みの保湿剤で保湿を行います。皮脂は少なくなると乾燥しやすく、かえって皮脂分泌量が増えてしまいます。
すべすべの肌は気持ちが良く、臭いを気にせず過ごせます。

 

まとめ

 

バランスの取れた食事や適度な運動、毎日お風呂に入って清潔にすることで、加齢臭対策ができます。ストレス発散にもなり、心身ともに健康的に過ごすことができます。臭いを気にせず、毎日を楽しめます。